May 31, 2018

カラフルカメラライフ〜vol1 芥川桜堤公園のこいのぼり〜


はじめまして。ゆりです。

部長からブログの更新権限をもらってから早1年。

なぜか私だけ「コラ」の名前をもらっているので、これはコラムを書けということだろう。

ということで、満を持してゆりコラ始めていきたいと思います。

なんせ始まるまで1年かかっているので、いつ途絶えるかわかりませんが、ゆるく続けていけならな、と考えてます。

 

この「カラフルカメラライフ」とは、カラフルな被写体が大好きな筆者が、日々撮りに行っている写真スポットをゆるく勝手に紹介するコラム。

季節の被写体だったり、そうじゃなかったり。

日本だったり、そうじゃなかったり。

とにかく色味がかわいくて素敵な場所についてつづっていきたいと思います。

 

5月のテーマはカラフルポップな鯉のぼり


今回はぎりぎり5月ということでこいのぼり

大阪府高槻市にある「芥川桜堤公園」です。

毎年4月下旬からこどもの日まで限定で約1000匹のこいのぼりを掲げているイベント。

インスタカメラマンには有名すぎる場所ですが、カメラをしない人にとっての知名度は意外と低め。

私も地元が近いのですが、ここ3年ぐらい前までこんなイベントがあるなんて知りませんでした。

それでも、子供連れの方やカメラマン・カメラ女子が遠くからも集まるため、休日は人でごった返しています。

 

JR高槻駅から歩いて15分から20分ほどで会場に到着。

カラフルなこいのぼりが川の上をのんびり泳いでいます。


この日は平日なので人は少なめ。

きれいな青空を背景に鮮やかな鯉のぼりが映えますね。

ちなみにここを撮影するポイントは、

①青空が出ている日を選ぶ


②そこそこ風があるが、吹きすぎない日を選ぶ


③できるだけイベント期間の前半に行く

の3点。

①については当たり前ですが、空メインの被写体なので青空の方が映えるため。


②については、無風だと鯉のぼりが全然泳がないため。

棒立ちになっている鯉のぼりはなかなか寂しいです。


風が強すぎてもぶれてしまって写真が撮りにくいので、ちょうどいい塩梅の風が理想。

③については、時期が経つにつれ、風に負けたこいのぼりが絡まってきてしまうので、あまり美しくない状態になってしまいます。

これは昨年5月5日に撮影したもの↓


 

最終日に頑張って撮影しに行ったのですが、絡まりがなかなかひどい。

今年はGW前に行ったので、ほとんどのこいのぼりがきれいに泳いでくれていました。

 

レンズは広角がおすすめ

ここを撮影するに欠かせないのが広角レンズ。

カラフルな景色を大きく切り取ることができるので、インパクトが出ます。


 

去年は標準レンズしか持っておらず、少しさみしい写真しか撮れなかったので、今年は楽しい。

1人だけど、ポトレも撮ってみた

このスポットのインスタを見ていると、ポートレートのなんと多いこと。

実際に空に広がるカラフルなこいのぼりとポトレは相性は抜群で、見ているだけで素敵な写真たちにため息が出るほど。

せっかくなので、私もポトレ撮りたい。

と思ったのですが、悲しいことに今日は一人。

ということで、セルフポートレートです。


これが実際やってみるとなかなか楽しい。

一人で三脚立てて一人でシャッターを押すむなしさを忘れさせてくれるぐらい楽しくて、ひたすら自撮り。
周りから見ると怪しかっただろうけど、とりあえず気にしない。w


ここの良いところは、こいのぼりが上にあるため、人がたくさんいても写さずに撮ることができること。

うるさすぎない程度のカラフルさがポトレの背景にもってこい。

レンズの作例も兼ねて撮りまくりました。

 

 

菜の花×こいのぼりも忘れずに

この場所のもう一つの撮影スポットが、そばに咲いている菜の花たち。


こいのぼり写真に華やかさをプラスすることができるので、常にカメラ女子達が群がっています。

こいのぼり×菜の花だけでも素敵なのですが、ここもポトレに最適。


 

セルフ撮りすぎでそろそろ本気で引かれそうですが、写真として撮ってるだけなので許して。笑

菜の花の前ボケが楽しくて、気づいたら結構時間が立ってしまいました。

 

最後に撮った横が意外ときれいで、横でももっと撮ればよかったなと悔やまれます。


ポトレも季節の撮影も楽しめるカラフルスポット。

来年はぜひ早めに行ってみてください。

 

 

今日のカフェ

CRAMS BANANA


高槻駅から600mほどの場所にあるバナナジュース専門店
私は濃厚バナナジュースを選びましたが、その名の通り、バナナの甘さが引き立つ濃厚なジュースが絶品。
店内の装飾も素敵で、何度でも行きたくなります。

 

ゆり
ゆるふわ写真好きフジフィルム信者。

8+
Posted in ゆりコラNo Comments » 
Comment

コメントを書くにはログインが必要です